fujino のすべての投稿

社員の肩こり・腰痛の発生を激減させる健康増進プログラム【健康経営】

社員の肩こり・腰痛の発生を激減させる健康増進プログラム

 【健康経営】 【ストレッチ教室】

 

 

 

 


「疲れた職場は生産性が低い!!」

近年では 「付加価値の想像」 「生産性の向上」という言葉が

ビジネス現場では重要なキーワードとされています。

「自社の強みを活かす」事がポイントになるとされてますが

そもそも自社で働いている人は、元気にイキイキとした毎日の働きを

過ごしているのでしょうか?

ふじの整体研究所では、大切な経営資源である「人」=「人

を大切に活かす企業のお役にたてる様、健康増進プログラムの

企画、実践、管理に取り組んでおります。

0001 (2)

 

 

試合中 11人で戦うサッカーで例えたとしましょう。

トレーナーやコンディショニングコーチが介入し、チームの強化プログラムに

ストレッチやケア、トレーニングなどを定期的に取り組み

常にコンディションが整った、状態の良い選手を揃えているチーム

そういったプログラムが無く、ひたすらに走り込みや筋トレ、練習試合など

常に運動量が過多になり、選手自身もセルフケアやコンディショニングの

教育がされず、知識やノウハウを持たない選手達の揃う

コンディション状態の良くないチーム

技術等の戦力が同等であれば、この両者のチームが戦った時に

勝つ確率が高いチームはどちらになるでしょうか?

 

小学生に聞いても判るような、選択ですが

これと同じ現象がビジネス現場や会社、企業では多くの方が

この点に疑問や問題視せずに、日々の業務が行われているのも

事実です。

 

未だに「健康管理は自己で管理してもらわないと」というのが

多くの方のスタンダードになっているのではないでしょうか?

 

もちろん健康の維持、増進は自己で取り組むべき問題です。

自身で生活リズム、食事、睡眠、運動などの健全に気を使い

日々のコンディションを高める事は、社会人として

責任を持つ人にとって大切な準備なのです。

 

コンディションを高める取り組み全体をコンディショニングと言います。

企業、会社の日々の中にコンディショニングを仕組み化する事で

自己管理の領域から、会社で働くためのスタンダートと位置づけできます。

 

会社全体で取り組む事で、コミュニケーションの機会や元の話題が増え

従業員・スタッフさんも体を動かす事で、心身ともに軽くなり

元気で明るい雰囲気の職場にする事が出来ます。

 

結果的に脳や体に酸素と血流が行きわたり、働きが活性化されます。

結果として新しいアイデアが創出出来たり、生産性が向上したり

という効果が期待出来るのです。

 

最初の例え話に戻りますが、御社の従業員・スタッフさんの

コンディションはいかがでしょうか?

いち早く、小さな事からでも、少しずつ健康経営に取り組まれる

事をお勧めいたします。

健康増進プログラムについての詳細はこちら ⇒ http://fujino-seitai.com/seminarlp/

 

_MG_9871 セミナー_2757 _MG_9884 _MG_7551

健康経営が企業のリクルート戦略に役立ちます【健康経営】

健康経営が企業のリクルート戦略に役立ちます【健康経営】


 

従業員・スタッフの健康面の改善に向けて、企業や会社が積極的に

健康増進や改善、管理に向けての取り組みを実践し、その結果

生まれる効果(医療費の削減、健康不良による従業員の病欠減少)

を経営戦略に活かし、企業経営を行う事を「健康経営」と言います。

 

まだまだその取り組みの範囲は狭く関東の大企業を中心にスタートし

ようやく各地域での、健康経営の取り組み企業の認証などが

行われるようになってきました。

 

取り組み企業の件数は徐々に増えてきており

実践による効果もこれから様々な面に反映されてくると思われます。

 

ふじの整体研究所では肩こりや腰痛、肉体疲労を改善・予防する

オフィスプログラムや、従業員・スタッフさんご自身でセルフケアを

行っていただける様になるセミナーを行っています。

IMG_0874

事前の打ち合わせで、担当者や代表の方からよく聞くことは

「うちのスタッフも腰痛や肩こりで苦しんでいる者が多い」

「体が凝り固まっていると、血流が悪くて体に酸素が回らないと思う」

「そんな状態では、良い仕事なんて出来ないし、毎日だるくて楽しくない」

この様に、体のコンディショニングの大切さや、仕事のパフォーマンスに

及ぼす影響をよく考えておられます。

 

また過去に腰痛で、仕事が継続できない状態となり

それが原因で会社に居辛くなったケースや

肉体疲労が重なり、精神的にも疲れてしまったケースなど

過去のケースからも、その反省を活かしたいという言葉を

お聞かせいただきました。

 

これまでご協力させていただいた企業様の共通点は

企業やオフィス内の雰囲気が良い事です。

従業員・スタッフさん同士での会話や笑顔が多く

経営者や代表者の方が、笑顔で楽しい雰囲気が感じられる

そんな会社でした。

 

健康経営に取り組もうとする会社や

実際に健康経営を実践している会社は

先ず「良い会社を作る、良い職場環境を作る」という

経営者の意向がある事が印象的です。

ただ形だけ取り繕うとする会社では、健康経営も根付かず

経営者の想いは、会社や従業員には繁栄されにくいでしょう。

 

そして健康経営を実践し、従業員・スタッフの健康状態が

改善し、皆が元気な企業は、対外的にその元気の良さや

会社のムードが伝わり、「雰囲気の良い会社だな」と思われます。

またこれらの取り組みが働き先を選ぶ若者には、大きな評価点と

なるのです。

 

既存の従業員さんからも、取り組みの評価は高く

実際の声では「会社は俺のためにこんな企画をしてくれたのか」

「ずっと腰痛と付き合って仕事しているので、ほんとに有り難い」

といったスタッフさんの声もいただけました。

 

肉体的にストレスのかかる業種では、この取り組みを

会社の仕組みとして反映される事で、腰痛や肉体疲労は

効果的に改善出来ると確信しております。

 

働く人々が元気でイキイキする仕組み作りを

ふじの整体研究所は共にお手伝いさせていただき

「良い職場環境を作る」サポートをさせていただきます。

※サービスの詳細はこちらから ⇒ http://fujino-seitai.com/seminarlp/

0001 (2)

従業員・スタッフさんの健康管理に最適・腰痛/肩こり対策ストレッチ教室【健康経営】

従業員・スタッフさんの健康管理に最適

腰痛/肩こり対策ストレッチ教室【健康経営】


 

近年 「働き方改革」「健康経営」といった

企業と従業員、スタッフとの関係性に変化をもたらす取り組みが

広まりつつあります。

_MG_7551 _MG_7608-001 _MG_7652

 

これまで健康作りや体調管理は自己管理の領域と常識のようになっていました。

そのため会社や企業が従業員、スタッフの健康管理や健康増進のために

時間や予算を投資する考えは、ほとんどありませんでした。

 

また労働時間は多くの企業で膨らむ一方であり、働く人々は

自己管理するにも、運動やケアなど休養に費やす時間もままならず

体調不良や肉体疲労の状況に陥るケースが多かったと思われます。

 

今でも、そういった状態は多くの企業で起こっており

そのため働く人々は、体調が思わしくない状態でも働き続けていたり

酷い肩こりや腰痛の状態で、長時間のデスクワークをこなしていたり

万全では無い状態にも関わらず、出社し長時間働いている方が

すごく多いのです。

 

この状態を「プレゼンティズム」と言い表され

企業は病気やケガによる欠席や早退、遅刻など(「アブセンティズム」

の数値には注目していますが、体調不良によって

本来のパフォーマンスが発揮出来ていない状態であったり

実は風邪で発熱中、インフルエンザに羅漢中など社内での伝染の可能性を

もつリスクを抱えた状態でも勤務を続けているなど

企業にとってはリスクや損失にあたいするにも関わらず

表面化していないため、「見えないリスク」として

企業の生産性を下げている事が、多くの会社や企業で起こっています。

 

ふじの整体研究所では、私たちの専門分野を活かし

企業・会社の「見えないリスク」である、従業員・スタッフさんの

慢性疲労や腰痛症、肩こり、頭痛などの肉体不調を解決する為

専門分野で精通する施術家やトレーナーが企業まで出張し

ストレッチ教室や体操教室、セミナーなどを実施いたします。

詳細はこちらのページをご覧ください。

http://fujino-seitai.com/seminarlp/

これまでも多くの企業さまで取り入れて頂き

高い評価をいただいてきました。

実際のセミナーの様子が分かる動画はこちら

 

 

 

 

リハビリテーションの業務サポート【介護・デイサービスへの派遣】

リハビリテーションの業務サポート【介護・デイサービスへの派遣】


 

ふじの整体研究所では、整体事業、トレーナー事業、健康経営の他

今年から定期的に介護・デイサービス事業にも

技術提携させていただいております。

 

現在はリハビリ特化型の半日デイサービスで

体操やストレッチといった機能訓練とマシントレーニングの

進行に携わりながら、利用者さん個人の課題やニーズ、状態に

応じたリハビリ内容のアドバイザーをしています。

 

現在ではリハビリ特化という形で多くの事業所が

デイサービスという形で運営されておりますが

 

実際のリハビリやトレーニングの進行が上手くいっていないケースも

多く、利用者さんの生活での運動レベルが改善出来ていないのが

現状です。

そこには利用者さんの身体レベルのバラつきが幅広く、リハビリの進行が

システム化出来ていなかったり、人手が多くかかり過ぎ

リハビリを追い求めれない、または利用者さんのモチベーションも

様々であり、これらがかみ合わないのが現状ではないかと思います。

またリハビリや運動療法の経験が多く、専任となる人材が

少ない事も原因と考えられます。

ふじの整体研究所では

・利用者さんの満足度の向上(リハビリの質、身体の改善度)

・現場スタッフさんと連携して共にオリジナルリハを構築する

・プロトレーナーが運動、体操教室をイベントとして導入

これらの目的で関わらせて頂いております。

 

私の様なトレーナーが来ている日が特別な日で終わるのではなく

現地スタッフさんと協力して、その施設自体のリハビリを

共に作り上げて、良いリハビリの進行を作っていく事をめざし

トレーナーが訪問していない日でも、質の高いレベルで

リハビリが実行出来る様に、協力しております。

 

最近では利用者さんのレベルに応じて、個別のリハレベルも

上り、立ち上がりや歩行訓練、筋力トレーニングなどが進んでおります。

 

仕事資料_171105_0038

「疲れた職場は、生産性が低い!」【健康経営で企業の生産性UP】

「疲れた職場は、生産性が低い!」

      【健康経営で企業の生産性UP】


 

ふじの整体研究所では企業の生産性向上を目的に

健康経営の取り組みを推奨しております。

0001 (2)

その中で、私どもがお手伝いできる事は

従業員さま、スタッフさまの健康維持、増進です。

 

業務に取り組まれている御社のスタッフ様は

日頃から疲れのコントロールは上手く行っているのでしょうか?

・一体毎日がどれぐらいの疲労度で仕事に向かわれているのでしょうか?

・肩こりや腰痛でお困りの従業員様はどれぐらいいるのでしょうか?

・毎日快適に元気な状態で働いているスタッフさまは全体の何割でしょうか?

 

私たちは一般的な肩こりや腰痛の改善方法に

ストレッチや体幹トレーニングといった運動療法を多く取り入れ

患者様の疼痛改善と再発予防、体力向上などの健康維持・増進へ

働きかけています。

 

運動療法を取り入れた治療と施術だけの治療では

患者の改善度や再発の予防といった観点で比較した場合

運動療法を取り入れたグループの方が有意に改善度が

高いと世界的なセオリーで認識されています。

 

また4人に1人が腰痛や、肩こりで医療機関に通っているという

データがある日本では、医療機関に通わない腰痛、肩こりの

羅漢者を含めると、大半の方が症状を持っているという解釈になります。

まさしくビジネス現場でも同様の事がいえます。

 

デスクワークの多い職場では肩こり、腰痛が圧倒的に多く

それらは、技術者の生産性を大きく低下させる要因です。

 

これまでは個人レベルであったり、自己管理で片づけられて

いましたが、結局自己管理では何もしない、何も取り組まない

といった事が現状のようです。

 

ふじの整体研究所では、これらの問題に対して

従業員、スタッフ様が、自主的に、個人レベルで

オフィスや自宅にてセルフケア等の自己管理に取り組めるように

会社の仕組みとして健康経営を導入するお手伝いをしております。

是非一度お問い合わせください。

詳細はこちらからご覧ください → http://fujino-seitai.com/seminarlp/

ATP Hyogo NOAH Challenger 2017 Day2

ATP Hyogo NOAH Challenger 2017 Day2


 

先日まで帯同していたテニスの大会は

本日から本選が開催されているようです。

 

残念ながら帯同していた選手はフルセットの激闘の末

惜しくも破れてしまったのですが、プロの世界を

間近で見せていただき、良い経験をさせていただきました。

 

この大会はグランドスラムと言われる四大大会の出場を

目指す、前段階の試合となるようですが

日本のトップ10に入る選手がほぼ出場しており

控室や会場で観る選手からは、どの選手も一流のオーラが

感じられました。

 

同時にプロの世界というシビアな面も感じ取れました。

 

私はトレーナーという立場であり、その関わり方には

絶対的な正解などは無いと思っていますが

今回の様にプロの世界で活躍する選手は、実に精神的に大人であり

たくましく見えました。

 

アスリートとして、この精神的な成長が不可欠だとは

誰もが納得する事だと思います。

私も選手と接する中で、精神的な成長に重点を置いて

見守っているつもりです。

その点が再認識でき、非常に大人な選手の手本を見せて

もらえた事も、非常に有意義な帯同になりました。

 

常日頃は競泳の選手に接する事が多いので

この学びを彼らに反映できるように頑張ります。

 

S__55214087

 

【健康経営®】某自動車会社の新入社員研修でコンディショニングセミナー実施(H29.4)

【健康経営®】某自動車会社の新入社員研修で

    心身コンディショニングセミナー実施(H29.4)


ふじの整体研究所では企業向けサービスとして、企業の健康経営の取り組みに

役立つ、健康増進のセミナーやストレッチ教室、訪問オフィス整体など

具体的なサービスを実施しております。

 

中でもこのセミナーは、企業の代表や担当者の方々から、お聞きした

ニーズや課題などに向けて、それを運動から改善へと取り組む内容です。

 

今回は毎年ご依頼をいたがいている企業の新入社員研修の一部に

セミナーと実施いたしました。

 

この企業では毎年多くの高卒新入社員さまが、入社され

工場でのライン作業や組み立て、加工などの作業に配属されます。

 

高校生活から、企業での社会人生活へと移行する中で

この企業では健康管理や体力作り、自己管理などの教育に

力を入れたいという事で、このセミナーのご依頼をいただきました。

 

特に今回は体力作りにも重点を置きたいというニーズがあり

体幹トレーニングを中心に筋トレとストレッチの実技講習を

行わせていただきました。

 

100名近い人数での体幹トレーニングは非常に活気があり

新入社員さんも教育担当の社員さんも一丸となって

楽しんで学んでいただけました。

 

近年健康経営は企業の生産性向上や競争力強化に役立つ

キーワードになってきています。

様々なアプローチで従業員さんやスタッフさんの健康増進や

精神衛生、安全面への働きかけになります。

 

ふじの整体研究所では、この分野の活躍を通して

企業の生産性向上に役立てるように努力してまいります。

 

仕事資料_171105_0026 仕事資料_171105_0028 仕事資料_171105_0029 仕事資料_171105_0030 仕事資料_171105_0031 仕事資料_171105_0032 仕事資料_171105_0033

えひめ国体-競泳- in松山市(大阪府代表 トレーナー帯同)

えひめ国体-競泳- in松山市(大阪府代表 トレーナー帯同)


久々の投稿になりました。

先日は愛媛県松山市で行われていた、競泳の国体にて

大阪府代表の選手団に帯同しておりました。

台風18号の影響で、競技日程が2日間になり

タイトなスケジュールで一日6レースとなる選手もいました。

肉体的にキツイ状況の中でも、レベルの高いタイムを

目指して、ひた向きにレースへ挑む姿は、アスリートとして尊敬します。

 

雨や風で気温、水温と低くコンディションが保ちにくい状況でも

50mという種目で日本記録を出すところはさすがでした。

ああいった肉体的にも精神的にも強い選手が世界で戦う切符を

掴んでいくんだなとつくづく感じさせられた大会でした。

 

この大会で今シーズンが一区切りとなります。

2020年東京オリンピックに向けて、日々の過ごしが

心・技・体 それぞれの向上に直結します。

私も選手に質の高いサポートと、トレーナービリティーが

提供出来る様に、日々努力をしてまいりたいと思います。

 

記事には出来ていませんでしたが、今シーズンでは

●近畿高校 -競泳ー @京都アクアリーナ

近畿大学付属高等学校水泳部 帯同 (女子総合優勝)

●インターハイ -競泳ー @G21宮城

近畿大学付属高等学校水泳部 帯同

 

上記の大会に帯同しておりました。

この国体が今シーズンの締めくくりとなります。

また来シーズンに向けてサポート力を上げられるように

努力してまいります。

 

 

 

 

 

ATP Hyogo NOAH Challenger 2017 Day1

ATP Hyogo NOAH Challenger 2017 Day1


昨日からテニスの競技会に帯同しています。

日頃は競泳が主な帯同現場ですので、テニスの試合に帯同するのは

私にとっても貴重な経験です。

 

今回は京都出身の竹内研人選手に帯同しておりました。

現在は関東を拠点にしておりますが、関西に帰ってきている時に

ケアを担当しております。

 

公式練習日でしたので1時間×2回の練習を見学させてもらいました。

プロの打球を間近で見るのは初めてでしたので

日頃は施術における体の状態を見てるのと比べ

実際の動きやプレーを見る事で、改めて選手の特徴や

私が改善で手伝えそうな部分が知れたように思えます。

 

W-UPは選手自らで、ダイナミックストレッチやステップ

トレーニングとルーティンがある程度決まっており

その日の状態に応じて、チョイスしていました。

 

競泳とは違い、念入りなストレッチなどはせずに

動かしながら、体の可動範囲やバネを引き出している様に

みれました。

UP後は練習パートナーと対面での打ち合いという形で

練習が行われていました。

それぞれにプロ意識が観られて、私も勉強になりました。

 

今回の大会は4大大会への挑戦者たちが集まる大会になります。

万全の準備が出来る様に、練習後にしっかりとケアをして

本日は終了でした。

 

image1

ふじの整体研究所のミッション

ふじの整体研究所のミッション


●自分達の専門性を活かし、世の中に健康で元気な人を増やし

 その人が毎日をイキイキと活力に満ちた、社会的・文化的な

 日常をおくる世界を創る

 

●関わる人々が活躍するステージで最高のパフォーマンスと成果が

 発揮出来るよう、私たちが専門性を活かしサポートする

 

●日本が「元気」で経済的・社会的・文化的に充実した

 競争力の高い国となるよう企業としての活動をとおして

 社会に貢献する

 

 

先日10年先の目標、計画を立てました。

2027年 私が43歳になる頃に「一体どんな仕事にしていたいのか?」

考える機会をいただき、自分なりに抱えていた思いを

言語化してみました。

 

10年後の未来をイメージするには、誰に何をどの様に・・・

という思想が必要でした。それが上記のミッションでした。

 

上記3つの羅針盤を元に、10年後のプランを立て

そこから逆算して8年後、6年後、5年後、3年後、来年・・・

という様に、積み上げ式の計画ではなく、逆算の計画を

立てる事が出来ました。

 

実現していくためには、もっと具体的な計画にする必要があり

そこには、固有名詞や数字も必要になります。

 

「何もしなければ、何も起こらない」

「中心部分が熱くならないと、全体に熱は伝わらない」

自分自身がしっかりとこのミッションと計画を掲げて

行動していこうと思います。