タグ別アーカイブ: 腰痛

社員の肩こり・腰痛の発生を激減させる健康増進プログラム【健康経営】

社員の肩こり・腰痛の発生を激減させる健康増進プログラム

 【健康経営】 【ストレッチ教室】

 

 

 

 


「疲れた職場は生産性が低い!!」

近年では 「付加価値の想像」 「生産性の向上」という言葉が

ビジネス現場では重要なキーワードとされています。

「自社の強みを活かす」事がポイントになるとされてますが

そもそも自社で働いている人は、元気にイキイキとした毎日の働きを

過ごしているのでしょうか?

ふじの整体研究所では、大切な経営資源である「人」=「人

を大切に活かす企業のお役にたてる様、健康増進プログラムの

企画、実践、管理に取り組んでおります。

0001 (2)

 

 

試合中 11人で戦うサッカーで例えたとしましょう。

トレーナーやコンディショニングコーチが介入し、チームの強化プログラムに

ストレッチやケア、トレーニングなどを定期的に取り組み

常にコンディションが整った、状態の良い選手を揃えているチーム

そういったプログラムが無く、ひたすらに走り込みや筋トレ、練習試合など

常に運動量が過多になり、選手自身もセルフケアやコンディショニングの

教育がされず、知識やノウハウを持たない選手達の揃う

コンディション状態の良くないチーム

技術等の戦力が同等であれば、この両者のチームが戦った時に

勝つ確率が高いチームはどちらになるでしょうか?

 

小学生に聞いても判るような、選択ですが

これと同じ現象がビジネス現場や会社、企業では多くの方が

この点に疑問や問題視せずに、日々の業務が行われているのも

事実です。

 

未だに「健康管理は自己で管理してもらわないと」というのが

多くの方のスタンダードになっているのではないでしょうか?

 

もちろん健康の維持、増進は自己で取り組むべき問題です。

自身で生活リズム、食事、睡眠、運動などの健全に気を使い

日々のコンディションを高める事は、社会人として

責任を持つ人にとって大切な準備なのです。

 

コンディションを高める取り組み全体をコンディショニングと言います。

企業、会社の日々の中にコンディショニングを仕組み化する事で

自己管理の領域から、会社で働くためのスタンダートと位置づけできます。

 

会社全体で取り組む事で、コミュニケーションの機会や元の話題が増え

従業員・スタッフさんも体を動かす事で、心身ともに軽くなり

元気で明るい雰囲気の職場にする事が出来ます。

 

結果的に脳や体に酸素と血流が行きわたり、働きが活性化されます。

結果として新しいアイデアが創出出来たり、生産性が向上したり

という効果が期待出来るのです。

 

最初の例え話に戻りますが、御社の従業員・スタッフさんの

コンディションはいかがでしょうか?

いち早く、小さな事からでも、少しずつ健康経営に取り組まれる

事をお勧めいたします。

健康増進プログラムについての詳細はこちら ⇒ http://fujino-seitai.com/seminarlp/

 

_MG_9871 セミナー_2757 _MG_9884 _MG_7551

「疲れた職場は、生産性が低い!」【健康経営で企業の生産性UP】

「疲れた職場は、生産性が低い!」

      【健康経営で企業の生産性UP】


 

ふじの整体研究所では企業の生産性向上を目的に

健康経営の取り組みを推奨しております。

0001 (2)

その中で、私どもがお手伝いできる事は

従業員さま、スタッフさまの健康維持、増進です。

 

業務に取り組まれている御社のスタッフ様は

日頃から疲れのコントロールは上手く行っているのでしょうか?

・一体毎日がどれぐらいの疲労度で仕事に向かわれているのでしょうか?

・肩こりや腰痛でお困りの従業員様はどれぐらいいるのでしょうか?

・毎日快適に元気な状態で働いているスタッフさまは全体の何割でしょうか?

 

私たちは一般的な肩こりや腰痛の改善方法に

ストレッチや体幹トレーニングといった運動療法を多く取り入れ

患者様の疼痛改善と再発予防、体力向上などの健康維持・増進へ

働きかけています。

 

運動療法を取り入れた治療と施術だけの治療では

患者の改善度や再発の予防といった観点で比較した場合

運動療法を取り入れたグループの方が有意に改善度が

高いと世界的なセオリーで認識されています。

 

また4人に1人が腰痛や、肩こりで医療機関に通っているという

データがある日本では、医療機関に通わない腰痛、肩こりの

羅漢者を含めると、大半の方が症状を持っているという解釈になります。

まさしくビジネス現場でも同様の事がいえます。

 

デスクワークの多い職場では肩こり、腰痛が圧倒的に多く

それらは、技術者の生産性を大きく低下させる要因です。

 

これまでは個人レベルであったり、自己管理で片づけられて

いましたが、結局自己管理では何もしない、何も取り組まない

といった事が現状のようです。

 

ふじの整体研究所では、これらの問題に対して

従業員、スタッフ様が、自主的に、個人レベルで

オフィスや自宅にてセルフケア等の自己管理に取り組めるように

会社の仕組みとして健康経営を導入するお手伝いをしております。

是非一度お問い合わせください。

詳細はこちらからご覧ください → http://fujino-seitai.com/seminarlp/

企業の安全衛生研修に最適なサービスをご提案します。【ふじの整体研究所 肩こり・腰痛に効くセルフケアセミナー】

企業の安全衛生研修に最適なサービスをご提案します。

 【ふじの整体研究所 肩こり・腰痛に効くセルフケアセミナー】


『従業員さまのコンディション(体調)を向上させて

生産性の向上など、パフォーマンスアップに役立てませんか?』

_MG_9884 _MG_9882 セミナー_2757

「職場内で肩こりや腰痛で困っている従業員が多い・・・」

「職場には休まず出てきているけど、体調は思わしくなさそう・・・」

「疲れ気味のスタッフや従業員が多くて気になる・・・」

この様な意見でお困りの経営者様、担当者様が多くおられます。

 

生産性の向上が、企業や組織として今後何よりも課題になる時代です。

従業員一人ひとりが短時間で最大の仕事と効果を生み出すためには

先ず第一に1人1人が元気で健康にいる事が大切ではないでしょうか?

 

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s 003a82bd299fb4e15d1547f4ba2dc7eb_s

 

トップアスリートへのコンディショニングに従事する

プロのアスレティックトレーナーが、現場で指導・実践している

体調管理やセルフケアのノウハウをセミナー形式でお教えします。

 

オフィスや自宅で簡単に、短時間で行える

一般的に起こりうる“腰痛”や“肩こり”慢性的な“肉体疲労”など

パフォーマンス低下につながる問題を解決いたします。

 

企業の安全大会や衛生講習、社員研修、セミナーや福利厚生イベントなど

多岐にわたる業種で、実践させていただいております。

 

内容にご興味のある方は以下のURLより

ふじの整体研究所HP セルフケアセミナーの詳細をご覧ください。

HP アドレス  http://fujino-seitai.com/seminar

※各企業さまでのセミナー実施の様子もページ内ブログで紹介しております。

 

メール、電話等で資料の請求や、無料相談にも応対しております。

E-mail  atrfujino@gmail.com

 

 

安全・衛生講習に「腰痛・肩こりのセルフケアセミナー」を実施 【大本山 中山寺さま:宝塚】

安全・衛生講習に「腰痛・肩こりのセルフケアセミナー」を実施

 【大本山 中山寺さま : 宝塚】


昨日は兵庫県宝塚にある、大本山 中山寺さまで

職員の方や僧侶の方々など、働かれている従業員の方々に向けた

コンディショニングセミナーを務めさせていただきました。

 

安全・衛生の講習として、従業員の方々の中でも

アンケートの意見として多くあがる、自身の肩こりや腰痛に

対する、セルフケアを教えさせていただきました。

 

約60名という多くの方に受講していただき

大変喜んでいただけました。

 

実技体験の研修としては初の試みであった様ですが

実施後にいただく感想は嬉しい声をいただくことが出来ました。

引き続き 企業様のお力になれるようにコンディショニングの部門から

貢献していきたいと思います。

 

image2

 

 

 

企業の職場で起きている腰痛問題について、セルフケアセミナーが解決いたします。【健康経営】

企業の職場で起きている腰痛問題について

セルフケアセミナーが解決いたします。【健康経営】


・ 職業柄どうしても腰に負担がかかる・・・

・ デスクワークが多く、従業員の腰痛を訴える声が多い・・・

・ 突発の腰痛で昨年も数人が仕事を休んでいた・・・

images (2)

などなど企業の安全衛生管理の担当者様から

お伺いする声からも、腰痛の多さが分かります。

 

ビジネス現場における腰痛は生産性の妨げになると言われています。

職場全体で、腰痛の予防・解消に取り組まなければ

個人に任せた自己管理の領域では、解決していきません。

 

デスクワーク中のイスやデスクを変えたり・・・

バランスボールに座ってみたり・・・

色々試しても、根本的な解決には至っていない事が

多くあります。

27af6729bd9360e715c414767909d5b7_s

 

腰痛が発生するには

体の姿勢や筋肉の固さなど腰痛を招くための条件があります。

この条件を改善しないことには、休みをとったところで改善はしません。

その方自身の体の柔軟性や、姿勢の改善に取り組む事が

一番の解決方法です。

%e5%a7%bf%e5%8b%a2%e3%80%80%e6%af%94%e8%bc%83

 

 

腰痛の予防・改善に効くセルフケアセミナー


 

ふじの整体研究所では、腰痛のメカニズムと

体の中に存在する腰痛の条件を解説いたします。

 

どの様に腰痛が発生するのか??

どんな人が成りやすいのか??

どの筋肉をほぐし、どんなストレッチが効果的なのか??

 

問題発生から解決手段までをセミナー、ワークショップで

解決いたします。

 


 

ふじの整体研究所ではビジネス現場での生産性アップにつながる

コンディショニングの方法を企業やビジネスパーソンにアドバイスしております。

オリンピック選手やトップアスリートを支えるノウハウを

ビジネス現場で効果的に活用していただけます!

各種セミナーや教室、訪問整体など承っておりますので

是非一度お問い合わせください!

TEL: 090-1958-4940

Mail: atrfujino@gmail.com

slider201606_02 (1)

セルフケアセミナーご案内PDF


 


 

企業の安全・衛生の講習や研修にセルフケアセミナーはいかがでしょうか?【健康経営】

企業の安全・衛生の講習や研修に

 セルフケアセミナーはいかがでしょうか? 【健康経営】


 

御社の従業員様が安全に、健康で、元気に働けるように

 「肩こり・腰痛に効くセルフケアセミナー」を実施しませんか?

 

ふじの整体研究所では、肩こり腰痛病態を理解し

 その症状を効果的に改善、予防させる整体理論を構築しました。

今や4人に1人の割合で腰痛や肩こりを理由に医療機関へ通院するデータが・・・

また肩こりや腰痛の症状は、仕事の生産性を30%下げるという

アンケートデータも言われております。

003a82bd299fb4e15d1547f4ba2dc7eb_s

 

労働生産人口が減少傾向にある時代に、企業や組織の生産力を

 向上させ、少ない人数が、少ない時間の働きで、成果を上げる

 という考えは、経営力強化の観点からどの企業にも当てはまる

 課題なのではないでしょうか?

 

ふじの整体研究所 代表の藤野絢也は

現在もオリンピックや世界大会などに出場するような

トップアスリートやプロプレイヤーのトレーナーとして

日々酷使されるアスリートの体のケアと

”コンディショニング”といった体調管理全般に関する

アドバイスや指導を行い、彼らが高いレベルの

 パフォーマンス発揮を出来る様に、従事しています。

 

その”コンディショニング”のノウハウや理論は

アスリートだけでは無く、日々ビジネス現場で頭脳や肉体を

使い、パフォーマンス発揮している、企業の従業員さまにも

随分と効果的な事が分かってきています。

 

一般的にパフォーマンスを下げる要因や症状を考えると

圧倒的に肩コリや腰痛などが主とされる不定愁訴でした。

 

また同一姿勢で長時間デスクワークをすると、筋肉が緊張し

慢性的な肉体疲労感やダルさ、睡眠障害などの健康にも

害をもたらすことになります。

 

アスリートが日々の競技活動で体を壊さないように

また高いパフォーマンス発揮を維持するために

毎日取り組んでいるのが”セルフケア”なのです。

自身で疲労する筋をストレッチやエクササイズで解し

疲労を極力ため込まない様にする。

その事で日々出来るだけ良いコンディションを保ち

パフォーマンスの維持に努めているのです。

 

ビジネスパーソンも同様の事がいえるのではないでしょうか?

スポーツではありませんが、人が営む活動は

その人自身の健康状態が、発揮するパフォーマンスや

作り出すもの、考え出すもの、アウトプットするもの

全てに影響を与えていると思います。

 

即ち、働く人々が健康で元気でないと

良いパフォーマンス、良い仕事が発揮出来ないのではないでしょうか?

 


ふじの整体研究所では、そうした健康管理や体調コントロールの

側面から、肩こりや腰痛などの疾患に特化した

コンディショニング方法を企業の皆様に解説し、実技指導を

セミナーで行わせていただいております。

 

セミナー後は従業員の方々が日々の疲れや肩こり・腰痛の痛みを

ご自身で軽減・予防出来る様になり、日々元気に健康で

仕事に挑んで頂ける様になります。

????????????????????????????????????

DSC03966 KBデバイス様3 セミナー_2757

 


ふじの整体研究所ではビジネス現場での生産性アップにつながる

コンディショニングの方法を企業やビジネスパーソンにアドバイスしております。

オリンピック選手やトップアスリートを支えるノウハウを

ビジネス現場で効果的に活用していただけます!

各種セミナーや教室、訪問整体など承っておりますので

是非一度お問い合わせください!

TEL: 090-1958-4940

Mail: atrfujino@gmail.com

slider201606_02 (1)

セルフケアセミナーご案内PDF

 

「うちの従業員も腰痛が多くて困っているんです。。。」 どんな対策がありますか??

「うちの従業員も腰痛が多くて困っているんです。。。」

 どんな対策がありますか??


・ 従業員の健康調査アンケートで腰痛が多い

・ 腰痛で苦しんでいると、従業員の噂を聞く

・ 従業員の元気がない。。。 不健康そうな従業員が多い

images (2)

安全、衛生の管理部門では、こういった社内調査をとられていることでしょう。

企業の生産性には、病気やメンタルヘルスだけが、リスクではありません。。。

腰痛も立派なリスクなんですよ。。。

 

日本人口の4人に1人は腰痛の症状で医療機関を利用する

というデータがありますが、医療機関には行かずに

日々我慢しながらやり過ごしている人々を含めると

もっと沢山の人が腰痛を抱えていることになります。

 

腰痛や肩こりなど、体の不定愁訴は

疲れやダルさを感じさせます。

また痛い事で、その事に気を取られてしまい

集中力が低下します。

 

残業をゼロに!! なんて動きが進んでますが

生産性が高く、短時間でしっかりと仕事を終わらせる事が

出来なければ、残業をゼロにしても、やるべき仕事が

終わらない。。。 なんてケースが増えるのではないでしょうか。

結果持ち帰って仕事をしたり、土日を使ってようやく完了する。。。

なんてことが横行してしまいます。。。

 

そんな事を防ぐためにも、やはり従業員が健康で元気で

身体面や精神面での不安が無い状態で、生産力高く

仕事を進めてくれる事が大事ではないですか?

 


 

 

御社の従業員さまの中でも2~3人に1人が腰痛だとすると

30%程度の人員で生産力が低下している事になります。

 

従業員の方々が自身で取り組めるコンディショニングを

会社が中心となり、取り組むことで、従業員様への

健康教育が可能となり、結果元気で健康な状態になることで

会社の生産性があがる事になります。

 

ハイパフォーマンスを発揮しているビジネスパーソンは

体のケアやトレーニングを積極的に行っています。

体のコンディションが良いからこそ、仕事での

パフォーマンス発揮が出来ているのだと思います。

 

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s


ふじの整体研究所ではビジネス現場での生産性アップにつながる

コンディショニングの方法を企業やビジネスパーソンにアドバイスしております。

オリンピック選手やトップアスリートを支えるノウハウを

ビジネス現場で効果的に活用していただけます!

各種セミナーや教室、訪問整体など承っておりますので

是非一度お問い合わせください!

TEL: 090-1958-4940

Mail: atrfujino@gmail.com

slider201606_02 (1)

セルフケアセミナーご案内PDF

 

 

プロが教えるビジネスマンのパフォーマンスを高めるコンディショニング 【肩こり対策編】

プロが教えるビジネスマンのパフォーマンスを高めるコンディショニング

【肩こり対策編】


寒い季節は上着やジャケットなど着るモノが多く、重くて肩が凝ります。。。

また首元の寒さで、肩を引き上げて体を丸くしがちです。

室内でも暖房による乾燥、足元の冷えなど

快適な状態で仕事や作業に集中する事が難しくあります。

 

年末年始から3~4週間たった今頃、体調を崩す方が多いのも

そういったコンディションの保ちにくい環境が影響していると思います。

 

今や肩こりはデスクワークをする人であれば、大半の方が症状を抱え

日々、業務の生産性の妨げとして悩まされている事でしょう。。。

images (33)

 

肩こりが原因で30%の効率ダウン・・・


 

・ 肩が凝って辛い

・ 肩や背中が怠くて作業に集中出来ない

・ 首や頭が痛くなり、イライラする

 

この様な状態では仕事や作業に集中出来ません。

日本の調査機関からの報告では

肩こりや腰痛を理由に作業の集中力が低下している

と感じている人は、そうでない人と比べて

おおよそ30%以上も作業効率が低下しているそうです。

 

コンディションが悪いわけではなくとも

肩こりが原因で本来の力の2/3程度しかパフォーマンスが

発揮出来ていないのは、非常にもったいなくないですか??

 

もしそれが、従業員の半数で起こっているとしたら・・・

チーム内のメンバーで2/3程度しか発揮出来ないとしたら・・・

会社やチームの生産性は上がりませんよね。。。

003a82bd299fb4e15d1547f4ba2dc7eb_s

 

 

組織の生産性を高めるには、

メンバーのコンディションがカギとなる


近年仕事の生産性を高める事を目的に

従業員やスタッフの健康状態を企業や組織が率先的に

向上にむけた取り組みを行う事が”健康経営®”として

注目されており、多くの企業が様々な取り組みを行っています。

 

ストレッチ教室やヨガ、フィットネスなど

体を動かす事で、健康増進やストレスケアへの

効果を期待され、導入している企業も多く存在します。

 

ふじの整体研究所では、肩こりや腰痛を主とした

疲労ケアやコンディショニングを専門として、パフォーマンス発揮に

特化した内容で、セミナーや教室を実施しております。

 

今回は ビジネスパーソンのパフォーマンス発揮に必要な

コンディショニングの方法を肩こりケアの内容で少しご紹介します。

 

 

肩こりの予防、改善に効果的なセルフケア


 

1) ストレッチ その① 「胸のストレッチ」

c0362789_09472298 ・ 20~30秒のストレッチを 2Set行いましょう。

 

2) セルフマッサージ その① 「首のマッサージ」 

 

 

c0362789_07545536 ・ 片側を2~3分 毎日行いましょう。

 手にオイルやクリームをつけて滑らせる様に行いましょう

 

 3) ストレッチ その② 「首~肩(僧帽筋)のストレッチ」

c0362789_00432496 ・ 20~30秒のストレッチを2Set繰り返しましょう。

 

c0362789_13483251 

4) ストレッチその③ 「肩甲骨周囲のストレッチ」

c0362789_06142091

 

・ 一連の動作を10回 2Set繰り返しましょう

 ※背骨や骨盤を前後に傾け

(丸める~反らす)を意識しましょう。

 


 

ふじの整体研究所ではビジネス現場での生産性アップにつながる

コンディショニングの方法を企業やビジネスパーソンにアドバイスしております。

オリンピック選手やトップアスリートを支えるノウハウを

ビジネス現場で効果的に活用していただけます!

各種セミナーや教室、訪問整体など承っておりますので

是非一度お問い合わせください!

TEL: 090-1958-4940

Mail: atrfujino@gmail.com

slider201606_02 (1)

セルフケアセミナーご案内PDF

 

 

 

デスクワーク中に感じる股関節の疲労感を一発で解消する方法 【オフィスでストレッチ】

デスクワーク中に感じる股関節の疲労感を一発で解消する方法

 【オフィスでストレッチ】


寒いこの季節は、オフィス内と外の気温に差が有り過ぎて

体調のコントロールが難しいものです。。。

特に暖房によって、乾燥がきつく

鼻つまりや喉の渇き、目の乾燥など日頃から

違和感が付きまといます・・・

images (5)

 

また寒い季節は筋肉の温度が上がり難く

それによって、手足などの末梢血流の循環低下や

筋肉のこわばりなど、冷えや疲労感、ダルさの原因にもなります。

 

この時期に多いのがギックリ腰や寝違い、肩こり、頭痛、腰痛などなど・・・

毎年同じ時期に体の不調を感じている方は多いのです。。。

 

オフィス内でデスクワークをしていても、腰や背中、肩の

疲労感やコリ感、ダルさに悩まされている人が多いのではないですか??

 

今日は以外と多い症状である

「股関節の疲労感・ダルさ」 に対するケアをご紹介いたします。

images (4)

 

オフィス内で出来る股関節のストレッチ


 

日頃から腰痛や背中の痛みでお悩みの方は

股関節の周囲の筋群が固くなり、股関節や骨盤の

位置や姿勢が悪いがゆえに、腰痛になっているケースが

多いのです。

 

従って、股関節周囲の柔軟性を高める事で

腰痛は改善し、疲れにくい体を作る事が出来るのです!!

 

 

1)お尻のストレッチ


 

c0362789_16511522

20~30秒のストレッチを右左 各2Set 行いましょう。

 

 

2)お尻のストレッチ No2


 

c0362789_09572180

c0362789_10044133

 

 3)太もも裏のストレッチ


c0362789_09522583 (1)

20~30秒のストレッチを 2Set行いましょう。

※お尻を後方に突きだし、背中を伸ばす事がポイントです。

 

太ももの裏やお尻の筋肉が固くなる事で、腰痛のリスクは高くなります!!

骨盤の後傾位が長時間続く事で、腰や背筋が引き伸ばされ続け

緊張が高まってしまいます。   以下ポイントの解説です。

 

c0362789_00111181

座位がもたらす椎間板へのストレス  デスクワーク中の姿勢により、腰椎の間にある椎間板へのストレスは

最大6倍にも負担が増えてしまいます。。。

 

腰部の発症機序 股関節可動域が狭くなると骨盤が後傾する

 骨盤の後傾位を改善し、右の写真の様に

ニュートラルポジションを維持する事で、

その上に位置する背骨の姿勢も正しく保たれます。

日頃からストレッチを行う事で、股関節の柔軟性が高まり、

また日々の疲労で固くならない事で、腰痛を予防・改善が出来るのです。

 

ポイントを理解して、是非日々のコンディショニングに利用して

ビジネスでのパフォーマンスを高めましょう!!


ふじの整体研究所ではビジネス現場での生産性アップにつながる

コンディショニングの方法を企業やビジネスパーソンにアドバイスしております。

オリンピック選手やトップアスリートを支えるノウハウを

ビジネス現場で効果的に活用していただけます!

各種セミナーや教室、訪問整体など承っておりますので

是非一度お問い合わせください!

TEL: 090-1958-4940

Mail: atrfujino@gmail.com

slider201606_02 (1)

セルフケアセミナーご案内PDF

 

 

 

 

プロが教えるビジネスマンのパフォーマンスを高めるコンディショニング【腰痛対策編】

 プロが教えるビジネスマンのパフォーマンスを高める

     コンディショニング【腰痛対策編】


日本のビジネス現場では腰痛や肩こりなどの肉体疲労を原因とする

パフォーマンス低下や生産性の低下、経済的損失という関係性に

注目が集まりつつあります。

 

images (2)

 

近年「働き方改革」と掲げられ、企業の労働現場や環境、時間、休みなどが

見直されつつあり、また労働生産人口の年齢層が逆ピラミッド化しており

今後訪れる労働人口の減少も含めて、生産現場での人材確保や

従業員の生産性の向上などが企業の課題となりつつあるのです。

 

要するに、「少ない人数で、少ない時間で、最大の成果を上げる」という事が

多くの企業の課題となってくるのです。

 

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_s

 

 

では限られたメンバーで勝っていく為には

何が必要でしょうか??


11人しかいないサッカーチームをイメージしてください。

このメンバーが適材適所のポジションで、しっかり役割を果たし

試合に勝っていくには、どうすべきか。

・ 少数精鋭でエリートばかりで揃える

・ 優秀なコーチを雇う

・ 高い報酬を選手、コーチに支払う

大きなスポンサーがついている、有名人気チームであらば

これらの方法が可能でしょう。

 

これを同様に企業に置き換えてみましょう。

・ 優秀で各分野のプロフェッショナルな人材を集める

・ 優秀な経営者、マネジメントクラスのプロを雇う

・ 高い報酬を従業員、経営者に支払う

この様な手段をとれる企業は全世界でもトップの数パーセントか

または、急成長するベンチャー企業でしょう。

 

多くの企業がこの様な手段は難しく

限られた資源(人・モノ・金)で戦っていくのが現状です。

では今いる選手でどう勝っていくのか?

43c5322ed5076b626b8703776e9403ab_s

 

 

限られた資源を最大限のパフォーマンスに変えるヒント


 

11人の選手の中で、体調の優れない、または怪我や故障で

本来のパフォーマンスが発揮出来ない選手がいるとしましょう。

 

その選手のポジションは機能せず、攻撃も守備でも能力発揮が

出来ません。 その穴は他の選手がカバーする事で

フォローに回る選手の仕事量は増え、スタミナをすり減らしてしまいます。

コンディションの悪い選手がいると、チームの総合力は目減りしてしまい

パフォーマンスが低いので試合に勝つことは出来ません。。。

 

企業に置き換えて考えてみましょう。

もし11人のうち6割の従業員が体調不良や肩こり、腰痛など

コンディション不良により、本来のパフォーマンスの60%程度しか

発揮出来ていなかったら、どうでしょうか?

また毎回のように、一人、二人と欠席や遅刻、早退があったとすれば

どうでしょうか?

 

その穴は他の従業員たちで、カバーすることになり、仕事量が増え

時間と体力を消費してしまいます。

元々コンディションの良かった従業員も、それでは疲弊します。。。

従って、全体の総合力が低下し、パフォーマンスもどんどん低下する。。。

会社の雰囲気は悪くなる一方で、業績も良くなる事はないでしょう。

 

大げさな様にも聞こえますが、この様な状況は

多くの企業で陥っているのが現状です。

病気やケガ、体調不良で休んでいる人材の数よりも

仕事には来ているが、実は体調がすぐれず、肩こりや腰痛で

本来のパフォーマンスが発揮出来ていない従業員の割合が

圧倒的に多く、その数から予測される経済損失は2倍とも言われています。

 

多くの企業が、限られた資源を最大限にパフォーマンスに変えることが

出来ないまま、戦っているのが現代社会なのです。

 

 

そしてその現状を打開して、資源のパフォーマンスアップを可能にするの

カギがコンディショニングなのです。

 

今注目が加速しつつある”健康経営”はこの従業員の健康を

企業が率先して、管理、教育、啓蒙、環境改善に努める事で

従業員の健康状態を良くし、その結果 従業員が元気で

健康になる事で、会社も元気になり、業績アップにつなげていこう

という考えです。

 

このコンディショニングを日頃からトップアスリートや多くの経営者層に

指導、アドバイスを行い、コンディションコーチングを行っているのが

以下の様な内容になります。

これらの写真でアドバイスしている事は腰痛対策や肉体疲労に対する

セルフケアです。

 

デスクワーク等で同じ姿勢が続く事で、どんどん人間の体は

固まってしまいます。 筋や筋膜が固くなることで

血流や酸素の循環は悪くなり、疲れが取れない、体が怠い

腰や背中が痛い。。。 などの症状を招きます。

日頃からセルフケアを取り入れて、セルフマネジメントする事で

コンディションは良くなり、仕事でのパフォーマンスアップにつながります。

 

c0362789_09522583 c0362789_16511522 c0362789_17123229 c0362789_05464601 c0362789_06142091