タグ別アーカイブ: パフォーマンス

企業の安全・衛生の講習や研修にセルフケアセミナーはいかがでしょうか?【健康経営】

企業の安全・衛生の講習や研修に

 セルフケアセミナーはいかがでしょうか? 【健康経営】


 

御社の従業員様が安全に、健康で、元気に働けるように

 「肩こり・腰痛に効くセルフケアセミナー」を実施しませんか?

 

ふじの整体研究所では、肩こり腰痛病態を理解し

 その症状を効果的に改善、予防させる整体理論を構築しました。

今や4人に1人の割合で腰痛や肩こりを理由に医療機関へ通院するデータが・・・

また肩こりや腰痛の症状は、仕事の生産性を30%下げるという

アンケートデータも言われております。

003a82bd299fb4e15d1547f4ba2dc7eb_s

 

労働生産人口が減少傾向にある時代に、企業や組織の生産力を

 向上させ、少ない人数が、少ない時間の働きで、成果を上げる

 という考えは、経営力強化の観点からどの企業にも当てはまる

 課題なのではないでしょうか?

 

ふじの整体研究所 代表の藤野絢也は

現在もオリンピックや世界大会などに出場するような

トップアスリートやプロプレイヤーのトレーナーとして

日々酷使されるアスリートの体のケアと

”コンディショニング”といった体調管理全般に関する

アドバイスや指導を行い、彼らが高いレベルの

 パフォーマンス発揮を出来る様に、従事しています。

 

その”コンディショニング”のノウハウや理論は

アスリートだけでは無く、日々ビジネス現場で頭脳や肉体を

使い、パフォーマンス発揮している、企業の従業員さまにも

随分と効果的な事が分かってきています。

 

一般的にパフォーマンスを下げる要因や症状を考えると

圧倒的に肩コリや腰痛などが主とされる不定愁訴でした。

 

また同一姿勢で長時間デスクワークをすると、筋肉が緊張し

慢性的な肉体疲労感やダルさ、睡眠障害などの健康にも

害をもたらすことになります。

 

アスリートが日々の競技活動で体を壊さないように

また高いパフォーマンス発揮を維持するために

毎日取り組んでいるのが”セルフケア”なのです。

自身で疲労する筋をストレッチやエクササイズで解し

疲労を極力ため込まない様にする。

その事で日々出来るだけ良いコンディションを保ち

パフォーマンスの維持に努めているのです。

 

ビジネスパーソンも同様の事がいえるのではないでしょうか?

スポーツではありませんが、人が営む活動は

その人自身の健康状態が、発揮するパフォーマンスや

作り出すもの、考え出すもの、アウトプットするもの

全てに影響を与えていると思います。

 

即ち、働く人々が健康で元気でないと

良いパフォーマンス、良い仕事が発揮出来ないのではないでしょうか?

 


ふじの整体研究所では、そうした健康管理や体調コントロールの

側面から、肩こりや腰痛などの疾患に特化した

コンディショニング方法を企業の皆様に解説し、実技指導を

セミナーで行わせていただいております。

 

セミナー後は従業員の方々が日々の疲れや肩こり・腰痛の痛みを

ご自身で軽減・予防出来る様になり、日々元気に健康で

仕事に挑んで頂ける様になります。

????????????????????????????????????

DSC03966 KBデバイス様3 セミナー_2757

 


ふじの整体研究所ではビジネス現場での生産性アップにつながる

コンディショニングの方法を企業やビジネスパーソンにアドバイスしております。

オリンピック選手やトップアスリートを支えるノウハウを

ビジネス現場で効果的に活用していただけます!

各種セミナーや教室、訪問整体など承っておりますので

是非一度お問い合わせください!

TEL: 090-1958-4940

Mail: atrfujino@gmail.com

slider201606_02 (1)

セルフケアセミナーご案内PDF

 

「うちの従業員も腰痛が多くて困っているんです。。。」 どんな対策がありますか??

「うちの従業員も腰痛が多くて困っているんです。。。」

 どんな対策がありますか??


・ 従業員の健康調査アンケートで腰痛が多い

・ 腰痛で苦しんでいると、従業員の噂を聞く

・ 従業員の元気がない。。。 不健康そうな従業員が多い

images (2)

安全、衛生の管理部門では、こういった社内調査をとられていることでしょう。

企業の生産性には、病気やメンタルヘルスだけが、リスクではありません。。。

腰痛も立派なリスクなんですよ。。。

 

日本人口の4人に1人は腰痛の症状で医療機関を利用する

というデータがありますが、医療機関には行かずに

日々我慢しながらやり過ごしている人々を含めると

もっと沢山の人が腰痛を抱えていることになります。

 

腰痛や肩こりなど、体の不定愁訴は

疲れやダルさを感じさせます。

また痛い事で、その事に気を取られてしまい

集中力が低下します。

 

残業をゼロに!! なんて動きが進んでますが

生産性が高く、短時間でしっかりと仕事を終わらせる事が

出来なければ、残業をゼロにしても、やるべき仕事が

終わらない。。。 なんてケースが増えるのではないでしょうか。

結果持ち帰って仕事をしたり、土日を使ってようやく完了する。。。

なんてことが横行してしまいます。。。

 

そんな事を防ぐためにも、やはり従業員が健康で元気で

身体面や精神面での不安が無い状態で、生産力高く

仕事を進めてくれる事が大事ではないですか?

 


 

 

御社の従業員さまの中でも2~3人に1人が腰痛だとすると

30%程度の人員で生産力が低下している事になります。

 

従業員の方々が自身で取り組めるコンディショニングを

会社が中心となり、取り組むことで、従業員様への

健康教育が可能となり、結果元気で健康な状態になることで

会社の生産性があがる事になります。

 

ハイパフォーマンスを発揮しているビジネスパーソンは

体のケアやトレーニングを積極的に行っています。

体のコンディションが良いからこそ、仕事での

パフォーマンス発揮が出来ているのだと思います。

 

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s


ふじの整体研究所ではビジネス現場での生産性アップにつながる

コンディショニングの方法を企業やビジネスパーソンにアドバイスしております。

オリンピック選手やトップアスリートを支えるノウハウを

ビジネス現場で効果的に活用していただけます!

各種セミナーや教室、訪問整体など承っておりますので

是非一度お問い合わせください!

TEL: 090-1958-4940

Mail: atrfujino@gmail.com

slider201606_02 (1)

セルフケアセミナーご案内PDF

 

 

プロが教えるビジネスマンのパフォーマンスを高めるコンディショニング 【肩こり対策編】

プロが教えるビジネスマンのパフォーマンスを高めるコンディショニング

【肩こり対策編】


寒い季節は上着やジャケットなど着るモノが多く、重くて肩が凝ります。。。

また首元の寒さで、肩を引き上げて体を丸くしがちです。

室内でも暖房による乾燥、足元の冷えなど

快適な状態で仕事や作業に集中する事が難しくあります。

 

年末年始から3~4週間たった今頃、体調を崩す方が多いのも

そういったコンディションの保ちにくい環境が影響していると思います。

 

今や肩こりはデスクワークをする人であれば、大半の方が症状を抱え

日々、業務の生産性の妨げとして悩まされている事でしょう。。。

images (33)

 

肩こりが原因で30%の効率ダウン・・・


 

・ 肩が凝って辛い

・ 肩や背中が怠くて作業に集中出来ない

・ 首や頭が痛くなり、イライラする

 

この様な状態では仕事や作業に集中出来ません。

日本の調査機関からの報告では

肩こりや腰痛を理由に作業の集中力が低下している

と感じている人は、そうでない人と比べて

おおよそ30%以上も作業効率が低下しているそうです。

 

コンディションが悪いわけではなくとも

肩こりが原因で本来の力の2/3程度しかパフォーマンスが

発揮出来ていないのは、非常にもったいなくないですか??

 

もしそれが、従業員の半数で起こっているとしたら・・・

チーム内のメンバーで2/3程度しか発揮出来ないとしたら・・・

会社やチームの生産性は上がりませんよね。。。

003a82bd299fb4e15d1547f4ba2dc7eb_s

 

 

組織の生産性を高めるには、

メンバーのコンディションがカギとなる


近年仕事の生産性を高める事を目的に

従業員やスタッフの健康状態を企業や組織が率先的に

向上にむけた取り組みを行う事が”健康経営®”として

注目されており、多くの企業が様々な取り組みを行っています。

 

ストレッチ教室やヨガ、フィットネスなど

体を動かす事で、健康増進やストレスケアへの

効果を期待され、導入している企業も多く存在します。

 

ふじの整体研究所では、肩こりや腰痛を主とした

疲労ケアやコンディショニングを専門として、パフォーマンス発揮に

特化した内容で、セミナーや教室を実施しております。

 

今回は ビジネスパーソンのパフォーマンス発揮に必要な

コンディショニングの方法を肩こりケアの内容で少しご紹介します。

 

 

肩こりの予防、改善に効果的なセルフケア


 

1) ストレッチ その① 「胸のストレッチ」

c0362789_09472298 ・ 20~30秒のストレッチを 2Set行いましょう。

 

2) セルフマッサージ その① 「首のマッサージ」 

 

 

c0362789_07545536 ・ 片側を2~3分 毎日行いましょう。

 手にオイルやクリームをつけて滑らせる様に行いましょう

 

 3) ストレッチ その② 「首~肩(僧帽筋)のストレッチ」

c0362789_00432496 ・ 20~30秒のストレッチを2Set繰り返しましょう。

 

c0362789_13483251 

4) ストレッチその③ 「肩甲骨周囲のストレッチ」

c0362789_06142091

 

・ 一連の動作を10回 2Set繰り返しましょう

 ※背骨や骨盤を前後に傾け

(丸める~反らす)を意識しましょう。

 


 

ふじの整体研究所ではビジネス現場での生産性アップにつながる

コンディショニングの方法を企業やビジネスパーソンにアドバイスしております。

オリンピック選手やトップアスリートを支えるノウハウを

ビジネス現場で効果的に活用していただけます!

各種セミナーや教室、訪問整体など承っておりますので

是非一度お問い合わせください!

TEL: 090-1958-4940

Mail: atrfujino@gmail.com

slider201606_02 (1)

セルフケアセミナーご案内PDF

 

 

 

プロが教えるビジネスマンのパフォーマンスを高めるコンディショニング【腰痛対策編】

 プロが教えるビジネスマンのパフォーマンスを高める

     コンディショニング【腰痛対策編】


日本のビジネス現場では腰痛や肩こりなどの肉体疲労を原因とする

パフォーマンス低下や生産性の低下、経済的損失という関係性に

注目が集まりつつあります。

 

images (2)

 

近年「働き方改革」と掲げられ、企業の労働現場や環境、時間、休みなどが

見直されつつあり、また労働生産人口の年齢層が逆ピラミッド化しており

今後訪れる労働人口の減少も含めて、生産現場での人材確保や

従業員の生産性の向上などが企業の課題となりつつあるのです。

 

要するに、「少ない人数で、少ない時間で、最大の成果を上げる」という事が

多くの企業の課題となってくるのです。

 

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_s

 

 

では限られたメンバーで勝っていく為には

何が必要でしょうか??


11人しかいないサッカーチームをイメージしてください。

このメンバーが適材適所のポジションで、しっかり役割を果たし

試合に勝っていくには、どうすべきか。

・ 少数精鋭でエリートばかりで揃える

・ 優秀なコーチを雇う

・ 高い報酬を選手、コーチに支払う

大きなスポンサーがついている、有名人気チームであらば

これらの方法が可能でしょう。

 

これを同様に企業に置き換えてみましょう。

・ 優秀で各分野のプロフェッショナルな人材を集める

・ 優秀な経営者、マネジメントクラスのプロを雇う

・ 高い報酬を従業員、経営者に支払う

この様な手段をとれる企業は全世界でもトップの数パーセントか

または、急成長するベンチャー企業でしょう。

 

多くの企業がこの様な手段は難しく

限られた資源(人・モノ・金)で戦っていくのが現状です。

では今いる選手でどう勝っていくのか?

43c5322ed5076b626b8703776e9403ab_s

 

 

限られた資源を最大限のパフォーマンスに変えるヒント


 

11人の選手の中で、体調の優れない、または怪我や故障で

本来のパフォーマンスが発揮出来ない選手がいるとしましょう。

 

その選手のポジションは機能せず、攻撃も守備でも能力発揮が

出来ません。 その穴は他の選手がカバーする事で

フォローに回る選手の仕事量は増え、スタミナをすり減らしてしまいます。

コンディションの悪い選手がいると、チームの総合力は目減りしてしまい

パフォーマンスが低いので試合に勝つことは出来ません。。。

 

企業に置き換えて考えてみましょう。

もし11人のうち6割の従業員が体調不良や肩こり、腰痛など

コンディション不良により、本来のパフォーマンスの60%程度しか

発揮出来ていなかったら、どうでしょうか?

また毎回のように、一人、二人と欠席や遅刻、早退があったとすれば

どうでしょうか?

 

その穴は他の従業員たちで、カバーすることになり、仕事量が増え

時間と体力を消費してしまいます。

元々コンディションの良かった従業員も、それでは疲弊します。。。

従って、全体の総合力が低下し、パフォーマンスもどんどん低下する。。。

会社の雰囲気は悪くなる一方で、業績も良くなる事はないでしょう。

 

大げさな様にも聞こえますが、この様な状況は

多くの企業で陥っているのが現状です。

病気やケガ、体調不良で休んでいる人材の数よりも

仕事には来ているが、実は体調がすぐれず、肩こりや腰痛で

本来のパフォーマンスが発揮出来ていない従業員の割合が

圧倒的に多く、その数から予測される経済損失は2倍とも言われています。

 

多くの企業が、限られた資源を最大限にパフォーマンスに変えることが

出来ないまま、戦っているのが現代社会なのです。

 

 

そしてその現状を打開して、資源のパフォーマンスアップを可能にするの

カギがコンディショニングなのです。

 

今注目が加速しつつある”健康経営”はこの従業員の健康を

企業が率先して、管理、教育、啓蒙、環境改善に努める事で

従業員の健康状態を良くし、その結果 従業員が元気で

健康になる事で、会社も元気になり、業績アップにつなげていこう

という考えです。

 

このコンディショニングを日頃からトップアスリートや多くの経営者層に

指導、アドバイスを行い、コンディションコーチングを行っているのが

以下の様な内容になります。

これらの写真でアドバイスしている事は腰痛対策や肉体疲労に対する

セルフケアです。

 

デスクワーク等で同じ姿勢が続く事で、どんどん人間の体は

固まってしまいます。 筋や筋膜が固くなることで

血流や酸素の循環は悪くなり、疲れが取れない、体が怠い

腰や背中が痛い。。。 などの症状を招きます。

日頃からセルフケアを取り入れて、セルフマネジメントする事で

コンディションは良くなり、仕事でのパフォーマンスアップにつながります。

 

c0362789_09522583 c0362789_16511522 c0362789_17123229 c0362789_05464601 c0362789_06142091

肩こり・腰痛を抱える人は、65%のパフォーマンスしか発揮出来ていない。

肩こり・腰痛を抱える人は、65%のパフォーマンスしか発揮出来ていない。


・ デスクワークが多くて、肩こりに悩まされている。。。

・ 車の運転をすると、すぐに肩や首が怠くなる。。。

・ 最近腰痛が辛くて、動くのが億劫。。。

肩こりや腰痛に悩まされている方は日本の人口の

4人に1人は医療機関を受診している。というデータが有るほど

日本は肩こり・腰痛国家なのです。

images (33)

 

仕事や作業中にこれらの症状が気になると

集中力は低下し、効率が下がってしまいます。

その割合は65%までパフォーマンスが低下してしまうとの

調べも報告されている程なのです。

 

それだけではなく、痛みや疲労感があると

脳にもその疲労感が生まれます。

 

クリエイティブな仕事を求められる時に

体や脳が疲労して、肩こりや腰痛が気になっていると

良いアイデアも、発想も生まれないでしょう。

 

常にフレッシュな状態で毎日の仕事に挑めたとしたら

今のあなたのパフォーマンスはどれぐらい上がるでしょうか?

考えをまとめるまで、どれぐらいの時間が必要でしょうか?

肩の疲労感や背中の張り感が無かったとしたら

どれぐらい、作業や考えに集中できるでしょうか?

 

体のコンディショニングを行う事で、肩こりや腰痛、慢性疲労から

解放され、100%以上のパフォーマンスが発揮出来る様になりますよ!

C789_mbawosawarute_TP_V

 

海外では肩こり・腰痛などは日本ほど多くなく

国や地域によっては、肩こりという概念も無いと言うほどです。

 

アメリカではジムやフィットネスに通い、体を動かす事で

固くなった筋肉をほぐし、血流循環と酸素循環を改善し

日々のコンディショニングに努めるビジネスパーソンが多い。

 

特にエリートビジネスマンの中では、体を鍛え、体力をつける事で

強く引き締まった体を維持し、見た目から自身の価値を高める努力を

惜しまないようです。

 

それだけではなく、筋力トレーニングによって

ストレスの発散や、ストレッチやヨガ、マインドフルネスによって

心の落ち着きを保ち、パフォーマンスアップに

繋げている様です。

N112_nekutaiwonaosudansei_TP_V1


 

ふじの整体研究所では、自身の体のコンディションを最良の状態にし

仕事やプライベートで、元気に高いパフォーマンスを発揮したい

とニーズをお持ちのビジネスパーソンをサポートしています。

体のケアから、パーソナルトレーニング、ゴルフやテニス、サーフィンの

パフォーマンスアップなど、体のコンディショニング全般を

サポート、指導しております。

 

プロによるコンディショニングをお求めの方は

是非一度ご連絡ください。

http://fujino-seitai.com/contact

 

 

”呼吸”が仕事のクオリティを飛躍的に高める!

”呼吸”が仕事のクオリティを飛躍的に高める!


 

・ 会議中に思考が回らない、考えに集中できない

・ 作業がはかどらない・・・ 集中力が散漫・・・

・ アイデアが生み出せない、 すぐ煮詰まってしまう

 

そんな時は 頭が疲労 している状態です。

images (6)

 

脳が機能するためには、沢山の血液とそれによって運び込まれる

酸素が必要なのです。

 

睡眠不足や栄養の偏り。。。

連日の会食。。。

仕事の納期直前。。。

様々な局面や仕事の領域によって、体は疲労します。

しかしこの”疲労”はある一定レベルを超えて、体に何かしらの不調を

感じる事がないと、疲れに対する対策や予防を取る事がありません。

 

気付いた時には、慢性的な筋疲労やマイクロダメージの蓄積によって

体調不良、または仕事の生産性低下に直結しています。

 

 

”疲労” 蔑にしているとクオリティが低下・・・


 

体の筋肉がこわばり、血流循環が悪くなっていると

自覚症状が無いまま、脳への血流運搬も低下している事になります。

ダウンロード (1)

 

これまでは長い時間働く事で、一時間当たりの生産性が低くても

仕事量で補ってきていた時代です。

 

最近の世論や風潮では、労働時間の短縮や残業の禁止など

先ず枠組みだけを設定されて、働く人々の機能性や効率は

まだまだ個人に任された状態です。

 

従って仕事のクオリティやクリエイティブという側面では

早く良いアイデアを生み出し、役割分担してプロジェクトで事を

進められる人間が、短時間の働きで最大の効果を出す時代と

なってきました。

 

その為には

・ プロジェクトの成果を最大化させる為の人脈構築

・ 考え込む時間や打ち合わせ、会議を効率化

・ 面白い発想やアイデアを生み出す感性

が求められています。

 

ちょっと良く考えてください!!

体に疲れが残っていたり、体調がすぐれない。。。

頭がさえない。。。 筋肉がこわばって肩こり腰痛がひどい。。。

 

そんな状態で先ほどの3条件をあなたの仕事で整えることが

出来るでしょうか??

 

これからは、時間当たりの生産性を高め、余った時間で

プライベートの充実と、プライベートスキルやコミュニティの

構築がカギとなり

大前提に必要なのは、体や頭、心が安定しフルに活躍できるための

コンディショニングなのだと思うのです。

 


 

本日は最初に述べた脳に血流と酸素を届ける

スパインリラクゼーション(背骨ほぐし)と呼吸法

織り交ぜたエクササイズを紹介しておきます。

c0362789_21453309

 

 

写真を参考にしながら動きの確認をしましょう。

 

1.胸を開き、背骨を弓なりに反らす。 鼻から息を吸いましょう。

※この時腰が反り過ぎない様にお腹を軽く凹めて力をいれます。

肩甲骨をしっかりと内側に引き寄せます。

 

2.体を丸めながら肘と肘をくっ付ける様に胸を閉じます。

 口から長く、細く、ゆっくりと息を吐きましょう。

 

※この時肩甲骨の間を拡げる様に外に押し出します。

体が最初の動きとは反対方向に弓なりになる様に

丸くなりましょう。

※呼吸は 吸うとき 2~3秒 、吐く時 5~10秒

と吐く事に意識を向けて行いましょう。

 

この一連の動作を10回程集中して行うことで

セロトニンが分泌されて、リラックス効果が高まり

背骨や肩甲骨周りがほぐれて、背骨から脳への血流が

増加します。

体が軽くなって、判断力が上った。 ~コンディショニングがクリエイティブを高める~

体が軽くなって、判断力が上った。

 ~コンディショニングがクリエイティブを高める~


ストレッチやトレーニング、ボディケアや整体、食事管理、睡眠、メンタルケア

これら全てを総称してコンディショニングと言います。

私生活ではなかなか意識しない方が多いでしょう。

コンディショニングというよりも ”健康” という言葉の方が

一般的ですよね。

health-body

 

私が何故 ”健康” よりも ”コンディショニング” という言葉を使うのか。

 

健康は損なった時に初めて、その重要性を認識します。

例えば風邪をひいたり、病気になったり。

ギックリ腰や腰痛、なども含めてノーマルで無い状態になり

健康の大切さを身に沁みます。  多くの方がそうでしょう。

 

コンディショニングはノーマルがマイナスになる云々ではなく

ノーマルの状態を上げる。 即ちベースラインを上げる。

または出来るだけ良い状態に自分の体を高めておく事で

私生活や仕事をより充実したモノにする。

そんな考えが強くあって、コンディショニングを強調しています。

 

 

アスリートだけではなく、ビジネスパーソンも必要!!


 

私は日頃アスリートの体のコンディショニングを担当し

様々な現場へ帯同しております。

アスリートは一つの試合やレースに向けて、コンディショニングを

最高の状態へ高める努力をしております。

その日々の取り組みや努力は、自己管理が前提にあり

自己管理能力の高い選手は例外なく競技能力も高く

ピークパフォーマンスをしっかり発揮しております。

彼らは日頃厳しいトレーニングを積み重ねるため、体が故障しない様に

又は、疲れの蓄積による不調や故障を招かない様にと

コンディショニングに関する意識が高くなります。

 

ビジネスパーソンのピークパフォーマンスはどの様な時に必要でしょうか?

大切なプレゼンテーションの時でしょうか?

大きな取引を決定付ける商談でしょうか?

納品が迫ったプロダクトの最終段階でしょうか?

N112_nekutaiwonaosudansei_TP_V1

 

どれもピークが必要だと思いますが、ビジネスパーソンの場合は

毎日を出来るだけ高いコンディションにしておく事が必要ですね。

毎日が試合であり、毎日がレースである。

しかし私生活や日頃の仕事では、体の状態に対しての

パフォーマンス発揮への関連性は、考えにくいのが一般的ですね。

 

一般的にはコンディショニングの重要性がまだまだ低いのが現状で

体調が悪かったり、いまいちであっても、自覚症状の無い場合が

ほとんどです。

”プレゼンティズム症候群” といって実は体調が思わしくない状態で

仕事や業務にあたっている状態を指す言葉があります。

実は近年様々な会社からの統計を集めると

病欠や体調不良によって仕事を欠勤したりする人数よりも

このプレゼンティズムの層が圧倒的に多く

潜在的に生産性を損失している可能性が病欠、欠勤よりも

コスト損失が2倍以上との予測も発表されています。

 

この様な状況で仕事をしても、パフォーマンスは上がらず

生産性も上がりません。 ましてやクリエイティブな仕事内容を

求められる方で、コンディションが悪い状態から良いプロダクトは

生み出されるかというと、なかなか難しいと思うのです。

 

私がコンディションをサポートしているお客様では

コンディショニングコーチをお願いしてから、朝の目覚めが良く

仕事中に疲れや眠気を感じる事なく、夜の付き合いや、休暇の

過ごし方も元気でアクティブになったという声を多くいただいております。

 

また経営判断を下す場では、苛立ちやストレスを感じていた局面で

最近はアイデアもうかぶし、考えもスムーズになり判断が早く良くなった

と素晴らしい感想もいただいております。

 

やはりコンディショニングが及ぼす、ビジネスへの影響は

随分効果的だと実感しております。

 

ふじの整体研究所のコンセプトは”経営者層のパフォーマンスを上げる”

こと、”経営者の集中力を高める事”に意識をむけて

サポートに取り組んでおります。

多くのお客様がその効果を実感していただき、日々のコンディショニングを

任せていただいております。

「こんな所を探していた」  「こういったサービスを求めていた」

と皆さん喜んで頂いております。

ご興味のある方は一度ご相談ください!

 

ダウンロード (1)

 

女性の従業員様からも大変好評いただいております!【セルフケアセミナー:福利厚生】

女性の従業員様からも大変好評いただいております

【セルフケアセミナー:福利厚生】


女性の方は 肩こりや頭痛、腰痛 で悩まれている方も多く

仕事も手に着かず、継続的に作業が出来ない程の症状を

抱える方も少なくありません。

images (37)

 

女性の場合は首や肩、背中の筋肉が男性より少なく、細いわりに

頭の重さは4~5キロあると言われています。

 

デスクワークや事務作業中の姿勢は、頭が前に下がり

首や肩への負担が大きく、その影響で慢性的な肩こりや頭痛を

招いているとも考えられます。

 

ビジネス現場で活躍する女性には、自己管理の意識も高く

プライベートでヨガやピラティスなどで運動をする機会を作り

ストレッチや体操を行う事で、肩や腰のダルさが楽になる事を

体感している方も多くおられます。

images (5)

 

仕事中に肩や腰が辛く、少しのストレッチや体操でも楽になるのに・・・

と思っていても、なかなか職場では人の目も気になり

何もせずに我慢していることが背景にあるようです。

また肩こりや腰痛といったネガティブなイメージは

 

健康的でなさそう。。。 弱音をはいてる。。。 と思われがち・・・

と考えてしまい、気を使ってしまう事が多いのではないでしょうか。

 

特に女性は体に関する事には気を使うものです。

職場でどの様に観られたり、思われるのか・・・

肩こりや腰痛など疲れている所は見せたくない・・・など

 

勝手な憶測やネガティブなイメージが良き習慣を壊す事もあります。

 

セルフケアセミナーでは セルフケア=自分で自分の体を整える

というセルフコントロールやヘルスマネジメントを学ぶ事が目的です。

自身の体やコンディションを高め、より良い体調で

生産性を高めるというポジティブな取り組みなのです。

 

そんな取り組み目的や、肩こりや腰痛のメカニズムなどを

解説し、パフォーマンスアップや生産性アップの為にも

ストレッチや体操をどんどんやるべきだ!

と会社や部署で共通認識とする事で

仕事中に手を停めてストレッチや体操をする事が

ネガティブにとられることなく、

自身の体をケアしながら

ポジティブに活動する事が、イケてるというイメージに

変わりました。 という意見もいただいてます。

 

仕事中に教えてもらったセルフケアや体操を取り組む姿が

オフィスでも多く見られますと、社内文化として定着していただけます。

 

こうしたご意見や感想は女性だけではなく、男性も同様では

ないでしょうか。

作業の効率が落ちたままで、何時間も過ごすより

少し手をとめて、セルフケアの体操を取り組む事で

その効率は大幅に上がります。

ポジティブな企業文化を作っていきませんか??

images (26)

 

 

 

 

オリンピックまで3日、インターハイまで2週間、インカレまで1カ月

オリンピックまで3日、インターハイまで2週間、インカレまで1カ月


 

いよいよ夏本場となり、オリンピックに高校野球と

スポーツが楽しみな時期になりました。

競泳に携わる者として、やはりこの季節は良い緊張感があり

携わる選手からも、色々と感じたり、学ばせてもらう事が多くあります。

その度にトレーナーという仕事のやりがいを日々感じてます。

 

今回のブラジルでのオリンピックには、私が携わらせていただく

所属チームから計4名のオリンピアが出場します。

最高峰の舞台で自分自身のベストな泳ぎをしてもらえるように

日本からも応援したいと思います。

 

日本では次のオリンピックや世界水泳の代表入りを目指す選手達が

全日本大学選手権(インカレ)や全国高校総体(インターハイ)、

ジュニアオリンピックに向けての強化期間真っ最中です。

 

体の疲れもピークにあり、重く動かない、筋肉も張って辛い状態の中

一本一本、集中して取り組んでいると思います。

それぞれの目標達成に少しでも力に成れるように

ケアやトレーニングなどトレーナーサポートを尽くしてまいります。

 

今年は17日~20日まで広島でのインターハイに帯同します。

 

それぞれのインターハイを良いレースにしてもらえるように

4日間しっかりサポートしてきます。

 

今回は緊張とパフォーマンスの関係性について紹介します。

以前にもこの内容は記事にしてますが、大切なレースを迎える選手や

周りのサポートの方々に、少し知って頂く事で安心できる内容です。

 

逆U字理論

これは心理学に出てくる

「ヤーキーズ・ドットソンの法則」で説明されている

逆U字理論です。

横軸は緊張度が低い~高い

縦軸はパフォーマンスが低い~高い

であらわされており、緊張度とパフォーマンスレベルの関係を

曲線で描いた内容です。

 

図の通り 緊張度が高すぎると「アガリ」と言われる状態に

陥り、本来の力が発揮出来ません。

逆に全く緊張せず、リラックス出来ている状態でも

パフォーマンスや効率が上がらなかった。という研究報告が

この曲線で分かります。

 

選手はレース前に緊張して、心拍数が上昇したり

体が震えたりした時に、この曲線を思い出して

「この緊張は良い緊張感だ」

「ハイパフォーマンスが出来る緊張感だ」と思って

2~3回 吐くことを意識した深呼吸を行いましょう。

ポイントは緊張により我を失うのではなく

緊張感を味方につけて、上手く利用する事です。

深呼吸がスイッチとなり、いつもの自分で居られるようになります。

 

我をコントロールして、一番最適な状態に持って行くスキルが

一流のアスリートには必要です。

本来の能力がしっかり発揮出来る事を応援しております。

 

「調整力」について (大事な局面で確実に本来の力を発揮する力)【トレーナー】

「調整力」について

(大事な局面で確実に本来の力を発揮する力)


今回はアスリートのパフォーマンス発揮について書きたいと思います。

 

先日まで競泳では大学生、高校生、中学生と各カテゴリで

全国大会に向けての予選となる地域大会が行われておりました。

 

順当に全国大会の出場権をとれた選手もいれば

種目によっては一歩届かなかった選手もいます。

 

調子はいまいちでも、それなりの結果を出せる選手と

準備してきたけど、本来の力を発揮出来なかった選手など

選手によって明暗が分かれます。

 

ここ一番といった大事な局面や大事なレースで

準備して取り組んできた力を見事に発揮し

ベストタイムを出す選手と、レースで力を発揮出来ない選手には

何の差があるのか???

いつも選手に携わる時に考えます。

 

・ メンタルが弱い

・ 経験が足りない

・ 元々の力不足

などなど 様々な事を言われると思います。

 

選手は結果を受け止め、また次のレースに向けて

日々のトレーニングに励むのですが

そもそもレースで結果を出す力というのは

何か他の考え方があるのではと、トップレベルの

選手を見ていて感じる事があります。

 

「調整力」

 

レースに向けて距離を減らし

質を高めながら、疲れを抜いていく

テーパリングという期間があります。

 

このテーパーという期間に大きく差が出ているのでは

ないでしょうか。

 

レース当日、その一本のレースに向けて

こころも体も集中していく事。

自分のポテンシャルを最大限に発揮するための

歩幅を合わせていく事。

この調整していく力が高い選手が

好成績を大事な局面で残していると考えます。

 

ではこの「調整力」をどの様に養うのか。。。

 

その一つとして私は 「集中力」 をあげます。

レースまでまだ数日ある場合でも

ここ一番と自分が大切にする局面でどれだけ

集中して取り組めるのか。

この質の濃さが明暗を分けているのではないでしょうか。

 

これまでと同じように、やっていてもなかなか出口が見えない。。。

次のレースや大会、または来年に向けて

この「調整力」 「集中力」 を意識した

日々を過ごす事で、見える世界が変わってくると思います。